MENU
page top

Electrification太陽光発電・オール電化

株式会社リジョイスビズは株式会社エネルギア・ソリューション・アンド・サービス特約店です。

太陽光リースで節電生活をお手軽に!
あっと!電化パック太陽光シリーズ!

~ リース満了後は自分のものに ~
「あっと!電化パック太陽光シリーズ」は業界初!既築・新築向け住宅太陽光発電システムのリース制度です。太陽光で自家発電・自家消費することで、普段の電気代をかしこく節約!初期費用の負担がなく、無料修理保証付きというメリットに加え、10年間のリース契約終了後、メーカー保証を残してお客さまに無償譲渡いたします。

太陽光リースについて細かい案内をご希望されるお客様は地域の営業担当がお伺いしますのでお気軽にご連絡ください。

太陽光発電システム提案

年々上がり続ける電気代金…
屋根やカーポートを利用して太陽光発電システムを導入しませんか?

Feature

リジョイス・ビズの特徴

多数国内メーカーを取り扱っており、お客様の要望や状況にあった製品選びをご提案いたします。
メーカーや製品ラインナップで、それぞれ特徴があります。
形や大きさ、1kwあたりの相場価格、保証期間やシステム保証の内容が違えば、太陽光パネルの種類(単結晶シリコン・多結晶シリコン・化合物系など)も違えば、モジュール変換効率まで違います。
株式会社リジョイス・ビズでは、屋根やカーポートなど設置場所の環境や予算によって、一番適した製品を選んで提案いたします。

太陽光発電システム取扱メーカー

お客様にメリットがあるから喜んでいただける

リジョイス・ビズはお客様の立場にたった提案を第一に考えています。

太陽光発電システムは家族構成や生活のリズムによってメリット・デメリットがあります。
例えば、昼間に電気の消費が多い家庭は余剰売電が期待できないため、電気代の支払いは下がったとしても、システム導入費を考えるとトータル的に負担が少ないとはいえません。
また、設置するkw数が大きい程いいかというとそうではない場合がありますし、太陽光発電システムは10年、20年と使用するので、家族構成がどう変わっていくのか中長期的な視点も重要です。
私たちリジョイス・ビズは、太陽光発電の提案において豊富な経験を有するベテランスタッフが様々な角度からお客様が一番喜んでいただけるのはどういう提案か?ということを一緒に考え、提案いたします。

太陽光発電+オール電化がお得と言われるワケ

オール電化にすると、通常の従量電灯とは違って、発電をしない朝・夕の時間帯の電気料金が安くなるプランへ変更することが可能で、買電するコストも削減することができます。
日中の電力は太陽光発電でまかない余った電力を売電し、使用する電力は通常の従量電灯の契約より安くで買うといった図式が成り立ちます。

蓄電池の設置について

できる限り電気を買わない時代に…
太陽光で発電した電力を自家消費するためには蓄電池が必要です!

わが家の発電した電気を毎日の暮らしに使うことができれば電気代をゼロに近づけることができます。
さらに電気を蓄電池に蓄えておけば、夜間や雨の日、また停電時でも発電した電気を有効活用することができます。

蓄電池導入のメリット

昼につくった電気を夜も使える 電気代は年々上昇傾向にあります。
太陽光発電で電気をつくるなら売電するより自家消費して電気を買わずにすませたいというお客様が増えています。
昼に発電し、余った電気を蓄電池に蓄え、発電できない夜に使うことができれば、買う電気が抑えられます。
停電時に蓄えた電気を使うことができる 近年、大雨や台風、地震などの自然災害が増えているため、万が一の停電への備えはとても大切です。
電気がないと照明や冷蔵庫が使えないことはもちろん、携帯電話の充電もできなくなるため、連絡する手段を失い情報収集することもできません。
もしものときにも安心なことも蓄電池導入のメリットです。

リジョイス・ビズは、お客様のライフスタイルと要望に合わせた
無理や無駄のない提案を心がけています。

大切なのは「どのくらい蓄えていれば安心か」です。
まずは自家発電量と日中や夜間の電気使用量をできる限り正確に把握し、
蓄電池を導入することで購入する電気量はどれくらい削減されるのかなどコスト比較をしながら
どのくらい蓄えがあれば安心かを一緒に考え、提案いたします。最初は蓄電容量の小容量タイプから導入し、状況をみて増設を検討するお客様もいます。

蓄電池取扱メーカー

Electrification 暮らしの安心を一緒に考えます。
オール電化にしませんか?

オール電化住宅とは?

オール電化住宅とは、文字通り家庭のすべてのエネルギー源を電気でまかなう住宅です。

主に調理、給湯、空調(冷暖房)など家の中のシステムが全て電気によってまかなわれている住宅の事をいいます。
このため、今までガス(都市ガス、プロパンガス)を使用していた場合は、その使用がなくなります。
住宅の高断熱・高気密化が進み、屋内で高温の燃焼ガスを発生させないことや火を使わない事から安全と考えられ、オール電化設備やオール電化住宅の販売が促進されています。

オール電化のメリット・デメリット

オール電化のメリット

  • ガスを使わないためガス料金が無くなる。料金を電力に一本化できます。
  • 深夜の電気料金の安いオール電化向け料金プランを契約することができる。*昼間の電気料金が割高になる。
  • 新築時からオール電化にする場合ガス配管工事が不要なため、その分建設コストが安くなります。
  • 火を使わないため、炎による火災の危険性が低くなります。
  • 自家発電した電力も使える。太陽光発電などで自家発電した電力を消費することが出来ます。

オール電化で使用される電化製品

  • 導入コストがかかる。ガス器具よりオール電化家電の方が割高
  • エネルギー源を電力のみに頼っているため電気料金が上がる場合、その影響を受けることになります。
  • 停電が起きたら住宅内の電化製品は一切機能しなくなる。
  • 昼間の電気代が割高になる。

オール電化で使用される電化製品

IHクッキングヒーター

オール電化では、ガスコンロに代わって主にIHクッキングヒーター(電磁調理器)を使用することになります。
内部に配置されるコイルに流れる電流により、電気を使って金属製の調理器具を発熱させます。
火を使わないので安心・安全、お手入れが簡単、という理由で、小さなお子さんのいる家庭や高齢者世帯にも人気となりました。
IHクッキングヒーターには、多くの電気が必要なため、通常の100Vの電源から200Vへ電圧を上げる工事が必要になります。
またアンペア契約の場合、アンペア値を高くする必要があります。

エコキュート(給湯器)

オール電化の給湯器といえばエコキュート。エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」です。
名前の通り、ヒートポンプ技術を使用し、空気中の熱を利用してお湯を作ります。
ヒートポンプ技術によりお湯を作るため、エコキュートの場合はヒートポンプユニット(エアコンの室外機のようなもの)と作ったお湯をためておく貯湯ユニットの2つで成り立っています。

太陽光発電・蓄電池・オール電化導入例

CONTACTお問い合わせ

『いつでもお客様のソバに』をモットーにスピーディーな対応を心がけています。

受付時間 10:00~18:00 / 定休日 土曜・日曜・祝日